あなたと家族へ 女性が学ぶがん情報

若年性乳がん「赤ちゃんが欲しい」はかなえられる?

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 晩婚化、晩産化が進んでいることもあり、「そろそろ赤ちゃんが欲しい」と思っていたところに乳がんが見つかる人が増えている。以前は、がんになったら治療を最優先するのが当然だったが、生殖医療の進歩を背景に、「妊娠、出産の可能性を残したい」という患者の希望に対して、できる限りサポートする体制が広がりつつある。

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2507文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。