医療プレミア特集

遺伝子別 肥満を防ぐ?弁当登場

吉永磨美・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
脂質や糖の燃焼を助けたりする食材を使って、肥満の体質別に作られた「健康弁当」
脂質や糖の燃焼を助けたりする食材を使って、肥満の体質別に作られた「健康弁当」

 個人の「太り方のタイプ」を遺伝子検査で特定し、それに応じた「太りにくい」弁当を宅配するサービスが始まった。このサービスは、食品宅配会社「らでぃっしゅぼーや」(東京都)によるもので、「健康弁当」として販売。人は肥満に関連する遺伝子にどのような変異があるかによって、太り方に違いがあり、遺伝子検査で自分の体質を把握することで、無理のないダイエット、肥満予防に取り組めるとしている。

 「健康弁当」は同社と、遺伝子と食事傾向などを基に栄養指導サービスを行うベンチャー企業「ネオリア」(…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1268文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

吉永磨美

毎日新聞 医療プレミア編集部

よしなが・まみ 1972年生まれ。98年に毎日新聞社入社。横浜支局、東京本社地方部、社会部、生活報道部などを経て、2016年4月から現編集部。近年は「おんなのしんぶん」や連載「ガラスの天井」を担当しながら、女性や難聴など見えない障害をテーマに記事を執筆してきた。