医療・健康Tips

その症状、大丈夫? 潰瘍性大腸炎

  • 文字
  • 印刷

 暑さが本格的になるこれからの季節。冷たいものや刺激物のとりすぎで下痢をすることも多い時季ですが、もし2週間以上続くときは、「潰瘍(かいよう)性大腸炎」や「過敏性腸症候群」という病気の可能性も! 「おなかが弱いだけ」と自己判断せず、気になる症状があるときは、早めに受診しましょう。北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター長、日比紀文先生にお話をうかがいました

この記事は有料記事です。

残り2594文字(全文2774文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら