医療プレミア特集

孤独が寿命を縮めるって本当ですか?

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

 人の寿命を決定する要因は何か--古今東西、多くの研究が行われてきたが、近年、注目されているのが、人との「つながり」と寿命の関係だ。予防医学研究者で、この分野の情報に詳しい石川善樹さんにこれまでの研究の歴史と最新の成果を解説してもらった。

他人とのつながりが寿命を決める

 人間の寿命に関する研究は多数行われてきましたが、これまで「決め手」は発見されませんでした。喫煙、飲酒、遺伝、血圧など、病気を引き起こすリスク因子は多数分かってきたものの、それだけでは人の寿命は説明できませんでした。この他に寿命の長さに最も大きな影響を与えている因子は何なのか--。その答えの候補として人との「つながり」を挙げたのが、米・ハーバード大のリサ・バークマン博士、レオナード・サイム博士が行った「アラメダ研究」です。

 アラメダ研究では1965年、米カリフォルニア州アラメダ郡で、30歳から69歳までの男女4725人を…

この記事は有料記事です。

残り2492文字(全文2889文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。