クスコの市場で、手が何本も生えた干からびたヒトデを発見した。黄色と紫のヒトデが、窓から差し込む光で怪しく輝いている。ヒトデが生息する海からクスコまで、直線距離でも500kmは離れている。しかもここは標高3400mもある山の上。もしかして、インカの人たちはヒトデを食べていたのか? もしかすると、薬なのか? なぜヒトデが、こんな山奥で売られているのか−−。

 頭の中で「なぜ?」が渦巻いて、ヒトデを売っている店員に疑問をぶつけてみた。勢いよく熱く尋ねたせいか、店員はしばらく両手をあげて驚いた顔をしたあと気を取り直し、得意気に「これはシャーマンがセレモニーで使うものですよ」と返してきた。シャーマンとは巫女(みこ)や祈祷師(きとうし)のような宗教的職能を持つ人のことだ。「えっ、シャーマンが市場に買いに来るのですか!」と思わず大きな声を出すと「大勢やってきますよ」と、ごく当たり前のように答えた。店を見渡すと、ヒトデの周りにはカラフルな石が雑多に置かれ、手前に巨大な柱サボテンが並べられていた。ここはシャーマン御用達の店なのだ。そういえばペルーに来る前の日に、エクアドルの博物館の学芸員が「クスコの近くには、シャーマンが大勢暮らす村がある」と話していたことを思い出した。

 市場で紹介してもらったタクシーに乗り込むと、ドライバーが「シャーマン村はとても有名ですよ。ブラジルやアメリカなどから大勢の観光客がやってきて、大型バスで村に乗りつけるほどです」と運転しながら話しかけてきた。シャーマンに詳しそうなので「シャーマンが使う薬草の話を聞きたいのですが、知りあいにシャーマンはいますか?」とストレートに質問してみた。するとドライバーはすぐに顔見知りのシャーマンに電話をかけ始め「セレモニーなしで20米ドルだそうです」と教えてくれた。かなりビジネス化したシャーマンだな……と思いながらも、好奇心がわいてきた。

 町を出発して約30分、タクシーは砂ぼこりの巻き上がる横道へ入り、目的地の村に到着した。村のあちこちにシャーマンの看板が出ていた。閑散とした村の建物の間を、女性に引かれた馬が通り過ぎていく。いよいよシャーマンと対面するときがきた。動物の骨をかぶって登場するのだろうか。緊張が高まる。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文2626文字)

鷺森ゆう子

エスノ・メディカル・ハーバリスト(民族薬用植物研究家)

さぎもり・ゆうこ 神奈川県生まれ。動物専門学校看護科卒。日本大学英文学科卒。1994年より動物病院で獣医助手として勤務する。同時に海や川の環境保全を行う環境NGOに携わり、海洋環境保全に関するイベントの運営などを行う。また中米のベリーズを訪れ、古代マヤ人の知恵を生かしたナチュラルメディスンに触れ、自然の薬に、より関心を持つようになる。このような体験を会報誌へ執筆する。95年から1年間、東アフリカのケニアにて動物孤児院や、マサイ族の村でツェツェフライコントロールプロジェクトのボランティアに参加する。このときサバンナでは、マサイ族直伝のハーブティーなどを体験する。帰国後は再び環境NGOなどに関わりながら、国内での環境教育レクチャーや、中米グァテマラの動物孤児院にてボランティア活動を行うなど、野生生物と人との共生について探求する。2006年から野生生物の生きる環境や、世界の自然医療の現場を巡る。

藤原幸一

生物ジャーナリスト/NATURE's PLANET代表

ふじわら・こういち 秋田県生まれ。日本とオーストラリアの大学・大学院で生物学を学ぶ。現在は、世界中の野生生物の生態や環境問題、さらに各地域の伝統医学に視点をおいて取材を続けている。ガラパゴス自然保護基金(GCFJ)代表。学習院女子大学・特別総合科目「環境問題」講師。日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」監修や「動物惑星」ナビゲーター、「世界一受けたい授業」生物先生。NHK「視点論点」「アーカイブス」、TBS「情熱大陸」、テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」などに出演。著書は「きせきのお花畑」(アリス館)、「森の声がきこえますか」(PHP研究所)、「マダガスカルがこわれる」(第29回厚生労働省児童福祉文化財、ポプラ社)、「ヒートアイランドの虫たち」(第47回夏休みの本、あかね書房)、「ちいさな鳥の地球たび」(第45回夏休みの本)、「ガラパゴスに木を植える」(第26回読書感想画中央コンクール指定図書、岩崎書店)、「オーストラリアの花100」(共著、CCCメディアハウス)、「環境破壊図鑑」(ポプラ社)など多数。