患者と医師の会話

患者「先生、私のかかっているがんで死ぬようなことはありますか?」

医師「大丈夫です」

患者「自信たっぷりにおっしゃいますが、根拠は何ですか?」

医師「実は、あなたはがんじゃなかったんです。だから『がん』では死なないんですよ」

EBMの「E」はエビデンスの「E」

 根拠という言葉には「ある言動のよりどころ」(広辞苑)という意味があります。健康や医療に関して根拠(エビデンス)という言葉が使われるときは、単なる「よりどころ」という意味を超えて、「人間を対象に科学的な方法で検証が行われている」という意味が含まれています。経験や勘、ひらめきだけでは、根拠とはいいません。

 このような意味での根拠に基づいて医療を行っていこうという考え方を、根拠に基づく医療(Evidenc…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1750文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)