医療プレミア特集

「みとり」とは、これから生きていく人のためのもの

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷
安心があるから入居者と家族は生活できる=宮崎市の「かあさんの家」で2007年4月29日、矢頭智剛撮影
安心があるから入居者と家族は生活できる=宮崎市の「かあさんの家」で2007年4月29日、矢頭智剛撮影

「住み慣れた街で最期まで」宮崎からの発信【後編】

 民家を改装したホームホスピス「かあさんの家」(宮崎市)などを拠点に、住み慣れた街で最期まで安心して暮らせる街づくりを目指す、NPO法人「ホームホスピス宮崎」。理事長・市原美穂さんは、家族や友人などが「みとる」ことが、人の最期にとって大切だと言う。前編に続き、「みとり」への強い思いが生まれた背景を尋ねた。

この記事は有料記事です。

残り2193文字(全文2370文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。