明日のきれいのつくり方

中身も見た目も大切 男性のアンチエイジング7カ条

山下理絵・湘南藤沢形成外科クリニックR総院長
  • 文字
  • 印刷

 7月9日に日本Men's Health医学会で、札幌に行ってきました。この学会、今までは男性の機能、男性ホルモンの話が中心だったようですが、今回は輪を広げようと、「見た目からの男性力アップ」もテーマに上げられ、私に特別講演の依頼がありました。会場は男性ばかり……。いつもの講演とはかなり雰囲気が違いました(笑い)。終了後、司会の先生が「山下先生が『姿勢』と言うと、会場の皆さんが背筋を伸ばし、『おなか』と言うと、自分のおなかを見る……。とてもおもしろい光景でした」と話されていました。

 さて、若くきれいに見せようと思ったとき、男性はまずファッションを変えてみようと思うのではないでしょ…

この記事は有料記事です。

残り2678文字(全文2971文字)

山下理絵

湘南藤沢形成外科クリニックR総院長

やました・りえ 2018年4月から湘南藤沢形成外科クリニックR総院長。外傷や再建、腫瘍など形成外科の診療はもちろんのこと、子供のあざやしみなどのレーザー治療では定評があり、多くの講演や教育を行っている。最近では、幹細胞を用いた乳房再建を行い、ウーマンライフのQOLの向上にも努めている。趣味と実益を兼ねたライフワーク「癒やしと美肌」への探究心は、1泊3日の過激な海外出張へも駆り立てる。信条は「気になるものは、まず自分で試す」。前職は湘南鎌倉総合病院の形成外科・美容外科部長、形成再生医療センター長。湘南藤沢形成外科クリニックR