認知症110番

母親を介護する息子の思い−−「共に生活」喜びに感じて

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 87歳の母と65歳の長男の2人暮らしです。母は5年前くらいから物忘れがあり、最近はお風呂に入っても体を洗わず、また「もう出たらどう」と声をかけないといつまでも入っています。食べることやお茶を飲むことも声かけが必要です。先日お風呂を出る声かけが遅くなったら、上がったとたん倒れました。びっくりして救急車を呼んでしまいましたが、電話をかけ終わったとたん目を開けました。認知症であっても母は女性でもあり、洗身や着替え、風呂、トイレ介助などなんとなく抵抗を感じます。今後さらに手を貸すことが多くなるので気になります。=静岡県、男性(65)

 お母様の気持ちを大切になさってかかわっておられ、息子として現実の生活行為がスムーズにいかないことに気持ちが揺れるのでしょうね。いつまでも母は母なのですが、認知機能が低下して、現実の行為の意味がわからなくなっている状態です。その状態が少しずつ進行していきます。いつもと変わらないように見えますが変化していきます。そのことを理解した上でお母様をフォローしていきましょう。

 お風呂に入る場合は、あらかじめ着る順序に沿って着替えを出しておき、入る前に好きな飲み物を飲んでいただき、水分不足にならないようにしておきます。浴室は滑らないように配慮し、シャワーいすに座って目の前にせっけんやスポンジなど使用するものを見えるように置きましょう。ドアの外から、お母様が動けるように声をかけていきます。浴槽の出入りも声をかけましょう。長湯にならないように、温まったか、そろそろ出たらどう…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文1279文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/