医療プレミア特集

「副腎疲労で健康悪化」は本当?

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

ホルモンを知る-「コルチゾール」の誤解【後編】

 前回は、一般に“ストレスホルモン”と呼ばれる「コルチゾール」が果たしている、私たちの体を守る働きについて、福岡大学の柳瀬敏彦教授(内分泌糖尿病内科)に聞きました。今回は、コルチゾール分泌が慢性的に減少する状態として、近年の話題になることが多い「副腎疲労」について、そしてコルチゾールと関わりが深く長寿にかかわると言われるホルモン「DHEA」について、引き続き柳瀬教授に解説してもらいます。

この記事は有料記事です。

残り1918文字(全文2136文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。