医療プレミア特集

子どもとともに取り組む夜尿症治療

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

病気として「おねしょ」を考える【後編】

 単なる「おねしょ」と軽視されがちで、長らく医療の対象とも考えてこられなかった「夜尿症」。治療が可能な疾患としての夜尿症の定義、そして近年明らかになってきた夜尿症の原因について、前編で紹介した。続く後編では、夜尿症の治療について、このほど改定された日本夜尿症学会の診療ガイドラインをベースに紹介する。林間学校など宿泊を伴う行事が多い夏は、夜尿症の子ども、そして親にもつらい季節。その上手な乗り越え方も紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1781文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。