街場の医療塾 つるばあさんの上手な医者の使い方

何でも診る「近所の医者」の大切さ

桜井隆・さくらいクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 高度に進化する技術に対応するためにすべてのシステムがますます専門分化し、細分化されていく。医療も例外ではない。100年前には、メスをふるう医療はすべて“外科”と言われていたが、それが脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、腹部外科、整形外科、形成外科などに細分化。さらに骨関節をあつかう整形外科でも手の外科、関節外科、脊椎(せきつい)外科、スポーツ整形外科等に分かれている。同じように膝関節が痛くでも高齢者に多い変形性膝関節症の人工関節手術は関節外科グループ、若い人の靭帯(じんたい)損傷の修復術は関節鏡を使うスポーツ整形外科医、と専門が違う。右の膝が痛い、と受診したら「私は左膝の専門医、右膝なら明日の右膝専門外来へ」なんてことにはならないだろうが。

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文1974文字)

桜井隆

さくらいクリニック院長

さくらい・たかし 1956年、兵庫県尼崎市生まれ。81年、群馬大学医学部卒業。兵庫医科大学内科、大阪大学整形外科などを経て92年、同市でさくらいクリニックを開業。当初から在宅でのみとりを支援し続け、現在までに350人あまりをみとってきた。内科、整形外科、リウマチ専門医。内科、整形外科両サイドの経験から「あなたとあなたの家族の専門医」をめざす。20年にわたり、宝塚歌劇団の主治医も務める。主な著書に「先生‥すまんけどなぁ…」(エピック)、「大往生なんか、せんでもええやん!」(講談社)。さくらいクリニックウェブサイト