医療プレミアニュース

麻疹感染者が大規模コンサート参加、2次感染の可能性も

瀬上順敬・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
麻疹感染者が参加した大規模コンサートがあった幕張メッセ=千葉市美浜区で、本社ヘリから後藤由耶撮影
麻疹感染者が参加した大規模コンサートがあった幕張メッセ=千葉市美浜区で、本社ヘリから後藤由耶撮影

 千葉市の幕張メッセで14日に開かれた人気外国人アーティストのコンサートに、麻疹(はしか)に感染していた男性が参加していたことが判明。潜伏期間の10日が経過し、接触者に症状が表れる可能性があることから、関係各都県の医療関係者などが24日、注意を呼び掛けた。

 患者の男性は兵庫県西宮市在住で、同市の発表によると発症の10日以内にインドネシアのバリ島を訪れていた。9日に39度を超える発熱があり13日以降、全身に発疹が表れた。その状態で13〜15日に神奈川県と東京都内を訪問、14日には千葉市の幕張メッセであったコンサートを観賞していたという。主催者によると、同日のコンサート参加者は約2万5000人だったという。19日に西宮市内の医療機関で麻疹と診断され…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文815文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

瀬上順敬

毎日新聞 医療プレミア編集部

せがみ・よりたか 1963年生まれ。1988年、毎日新聞社入社。静岡支局、西部本社報道部、サンデー毎日編集部編集次長、浜松支局長、科学環境部・医療情報室次長などを経て2015年7月から現職。現在の関心は先端医療、精神医療、脳科学など。