医療プレミアニュース

親が便秘だと子供も便秘 イライラの原因にも

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 保護者が便秘傾向にある子供は、そうでない子より3倍便秘傾向にある−−。NPO法人「日本トイレ研究所」(東京都港区、加藤篤代表)が小学生の子供を持つ保護者を対象に調査したところ、こんな結果が明らかになった。大人と同様に、子供も便秘がイライラや落ち着きを欠く原因になることもある。同研究所は、子供の便秘は家庭環境の影響もある、と分析。保護者が正しい排便の知識を持つことが重要と指摘している。

 同研究所が今年3月に実施した「小学生の排便と生活習慣に関する調査」では、小学生の5人に1人が便秘状態にあるにもかかわらず、その保護者のうち32.0%は子供が便秘状態と認識していなかったことが分かっている。

 今回の「親と子の便秘に関する調査」は8月、小学生の子供を持つ保護者を対象にインターネットで実施。25〜49歳の男女621人から回答を得た。同調査では、排便頻度が3日に1回以下▽便失禁がある▽便を我慢することがある▽排便時に痛みがある▽便が硬い▽トイレが詰まるくらい大きな便が出る−−の6項目のうち二つ以上に該当する人を「便秘状態にある」と定義。これをもとに保護者の排便状況を尋ねたところ、26.2%…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1434文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。