連載陣インタビュー

心に優しく響く絵を-OZ-尾頭-山口佳祐さん

  • 文字
  • 印刷
瀬上順敬撮影
瀬上順敬撮影

医療プレミア連載陣インタビュー【11】

 まず目に飛び込むのは黒い帽子。烏帽子(えぼし)を大きく太くしたようなそのシルエットを見ると、「中に何が入ってるんだろう?」と不思議な疑問が浮かびました。精神科医、林公一さんの連載「Dr.林のこころと脳と病と健康」に毎回添えられている独創的な挿絵を描き下ろすOZ-尾頭-山口佳祐さんは、独学で画家の道を歩み、寺社に奉納する「大絵馬」の絵師としても活躍しています。今夏はニューヨークでの展覧会も成功させました。独自の審美眼で作品はもちろん、自身の名前、ファッションにまで徹底的に目を配る細心。記事と一体化し読者の関心を引くOZさんの絵も、そうして緻密に作り上げられているのでしょう。【聞き手=奥野敦史・医療プレミア編集長】

この記事は有料記事です。

残り3388文字(全文3717文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら