実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

世界で流行デング熱 改めて蚊対策を考える

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 デング熱の勢いが止まりません。

 国内のニュースだけをみていると、2014年夏の東京での流行以降はほとんど報道されていませんし、新聞には「ジカ熱」という言葉の方がたくさん出てきますが、世界中の熱帯・亜熱帯地方で今最も問題となっているのは、「世界一恐ろしい生物=蚊」が原因のデング熱です。蚊シリーズの続編として、改めて蚊とデング熱のリスクを考えます。

 例えば、台湾では02年、感染者数が1万5000人を超える大流行が起こりましたが、昨年(15年)はそれをはるかに上回る4万2000人以上が感染しました。こうなると台湾と目と鼻の先の八重山諸島、さらに沖縄本島でのアウトブレイク(限定された範囲内での感染の大流行)も時間の問題かもしれません。感染症のイメージがさほどないハワイですら、15年後半から感染者が急増し、ついに「非常事態宣言」が発令されました。ハワイでのこれほどの流行は1940年以来です。

 フィリピンでは14年の感染者数が約12万人で、この数自体、少なくない数字ですが、15年には一気に20万人に増えました。そして16年7月、1人の日本人女性が同国で犠牲になりました。新潟県在住の30代の女性がフィリピン旅行中に蚊に刺され、帰国後デング熱(デング出血熱)の診断がつき、治療を受けましたが時すでに遅し。症状はもはや治療が間に合わないところまで進行していたのです。

この記事は有料記事です。

残り2582文字(全文3165文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト