医療・健康Tips

検査で「異常なし」なのに胃が痛い

  • 文字
  • 印刷

 機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれなどさまざまな自覚症状があるにもかかわらず、内視鏡検査を行っても胃の粘膜には異常がみられない病気です。治療法はあるのでしょうか?

 機能性ディスペプシアは、日本人の4人に1人が持っているという調査結果もあるほど身近な病気。30〜50歳代を中心に、女性に多く発症するといわれています。検査で異常なしにもかかわらず胃の不調が続くために、長い期間悩んでいる人も少なくありません。

 症状には2つのタイプがあります。ひとつは「食後愁訴症候群(PDS)」。食後の胃もたれや少量でもすぐ…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文948文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら