患者の気持ち

他の医師に聞く 神奈川県横須賀市・男性(元会社員・78歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 腰痛で町の整形外科の先生に通って3年が過ぎました。昨年3月、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が悪化して30mも歩けないほどの間欠跛行(はこう)状態に陥っていました。毎月4週間分の痛み止めの内服薬を処方され時には薬を変えましょうとか、もう一剤増やしましょうという繰り返しでした。先生に治療方法の検討を訴えると、「ご高齢ですからねえ、ひどい人は排尿障害で失禁状態になります。それから見ればあなたはまだ軽い方です」とのお答え。

 30mや20mの間欠跛行状態では外出がままならず車いすを待っているように思えました。そこで「かなり…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文673文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声