点描 ロンドン健康生活

死せる歌姫が問う 依存症と罪

末盛亮・フォトグラファー
  • 文字
  • 印刷
ミサンガなどで飾られたエイミー・ワインハウスさんの彫像=ロンドン北部のカムデンで
ミサンガなどで飾られたエイミー・ワインハウスさんの彫像=ロンドン北部のカムデンで

“お騒がせ”シンガーの姿を追った日々

 薬物関係の事件で著名人が逮捕されたり、謝罪したりという日本からの報道を耳にするたび、ハスキーな低い歌声とともにほろ苦い思い出がよみがえる。

 その女性歌手との最初の「出会い」はいつだったか。

 テムズ川沿いのスタジオで彼女が歌うというので、出入りする姿を写真に収めるべく、深夜から早朝まで待ったことがあった。表に車をつけて今にも出てきそうな雰囲気を醸し出し、裏口から逃げるという古典的な陽動作戦で帰って行った。

 いわゆるパパラッチのように自宅に行くことはなかったが、彼女が問題を起こすたび、警察署などで撮影の機…

この記事は有料記事です。

残り2341文字(全文2613文字)

末盛亮

フォトグラファー

すえもり・あきら 新聞記者を経て2002年渡英。大学院で現代戦争平和学、写真ジャーナリズムを修了後、ロンドンを拠点にフリーのフォトグラファーとして活動する。ビデオ作品も撮影。ウェブサイト www.akirasuemori.com