開眼!ヘルシーアイ講座

40代から要注意 緑内障で失明のリスク

芝大介・慶應義塾大学病院医師
  • 文字
  • 印刷

 近年、日本人の中途失明原因の第1位になっている緑内障。何らかの原因によって視神経に障害が起こることで、見える範囲が狭くなっていく病気です。決して珍しい病気ではなく、40歳以上の約20人に1人が緑内障にかかっており、国内推定患者数は約400万人とも言われています。一方で自分では気付きにくく、現在の医学では一度失った視野を取り戻すことはできません。早期発見のために必要なこと、また最新の検査や治療について慶応義塾大学病院眼科の芝大介医師に聞きました。【聞き手=編集部・中村好見】

 12年前、日本緑内障学会が発表した緑内障についての疫学調査(通称「多治見スタディ」)の結果は、眼科医たちに大きな衝撃を与えました。それまで国内の緑内障の有病率を、国際的に認知されているレベルで、科学的に算出した報告はありませんでした。調査では、岐阜県多治見市で40歳以上の男女4000人を無作為に選出し、うち約3000人が参加しました。結果、緑内障の有病率は男女とも約5%に上る一方で、その約9割が、自分が緑内障であることに気付いていない未診断の状態だったのです。さらにそれまで、緑内障の多くは、眼球内の圧力(眼圧)が正常値より上がることで起きると考えられていましたが、患者の約7割の眼圧は正常値内でした。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれ、日本人の患者の多くは、このタイプの緑内障であることが初めて明らかになりました。

 正常眼圧緑内障は、アジア人に多く見られます。原因はまだよく分かっていませんが、近視が多いこととの関連が指摘されています。多治見スタディでは、中等度以上の近視がある人は、緑内障のリスクが2倍になっていることも分かりました。近視の人は目の奥行き(眼軸)が長いのですが、そのような目の構造や、遺伝的な視神経の弱さが原因になっている可能性があると考えられています。

 自分が緑内障であることに気付きにくいの…

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文2505文字)

芝大介

慶應義塾大学病院医師

しば・だいすけ 慶應義塾大学医学部卒、同眼科学教室に入局。大阪厚生年金病院(現大阪病院)眼科緑内障フェロー修了後、慶應義塾大学病院、南青山アイクリニック(東京都)で緑内障外来担当。専門は緑内障診療全般。