誰も言わない うつの本音

非定型うつ病克服し さなぎからチョウへ

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷

 「うつ病で会社を休んでいた彼女がかなり太ってしまった」。そんな話を耳にしたことはないだろうか。やつれたり痩せたりするイメージがあるうつ病だが、実は肥満するリスクもかなり高いという。いったいその理由とは−−? 医療法人「和楽会」理事長で赤坂クリニック(東京都港区)院長、貝谷久宣氏に聞いた。

過食や過眠が起こりやすい「非定型うつ病」

 「うつ病を発症してから別人のように太ってしまい、ますます外に出たくなくなった」という声を聞いたことはないでしょうか。食欲が落ちて夜もよく眠れず、痩せ衰えてしまう−−。うつ病といえばそんなイメージがありますが、実際は肥満に悩む患者さんが少なくないのです。

 私はこの25年間、「不安症」を専門として診療を行ってきました。なお、不安症はうつ病の4割に初期症状…

この記事は有料記事です。

残り1939文字(全文2281文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。