認知症110番

ひとり暮らしの叔母に異変−−まず実情を把握しましょう

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 叔母(84)は1人暮らしをしています。独身で子どもがいませんので、めい(姉である母の子ども)の私が月に2回程度、訪問しています。母は3人姉妹で、叔母は末っ子。姉2人は亡くなっています。叔母は定年まで仕事をし、また性格もしっかり者で、1人でもきちんと生活していましたが、最近、訪問すると尿臭や食べ物の腐った臭いなどがするのに本人は気にせずにいます。冷蔵庫は古い食べ物でいっぱい、衣類も洗濯したのかわからず、部屋いっぱい散乱しています。叔母は友人や近隣とのお付き合いもありません。=東京都、女性(58)

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1269文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/