医療プレミア特集

認知症を早期発見すべき本当の理由

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

認知症とは何か【3】

 前回は日本認知症学会の秋山治彦理事長(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター臨床研究部長)に、認知症の診断と治療について解説してもらった。今回は、現状では一部を除いて、完治しないと言われている認知症を早期発見すべき理由、そして認知症の人に対する適切なケアが大切な理由を聞いた。

ケアで変わる症状、変わらない症状

 −−認知症は「死に至る病」ですか。

 正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など“根本的な治療法があるタイプ”を別にすると、現時点では認知症は完治…

この記事は有料記事です。

残り3342文字(全文3572文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。