実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

医療機関がHIV陽性者を拒むわけ

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

エイズという病を知っていますか?【6】

 なぜ、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)陽性者がタイでは普通に医療機関を受診できて、日本では診察を拒否されるのでしょうか……。

 その問題を考える前に視点を変えてみましょう。NPO法人「日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス」がHIV陽性者を対象に行ったアンケート調査(注1)によると、HIV・エイズ以外の治療で受けた医療機関で、「HIV陽性であることを伝えた」と答えた人は35.1%、「伝えたところと伝えていないところがある」が33.3%、そして「伝えていない」が31.6%だったそうです。私の実感としては、もっと多いように思えます。勇気を出して、私に感染していることを伝えてくれた患者さんに聞いてみると、大半が「エイズ拠点病院以外で感染のことを伝えたのは初めてです」と言われるからです。私がタイのHIV、エイズ患者を支援するNPO法人の代表をしていることを知って、伝えてくれる患者さんもいますが、すべての患者さんが私の活動を知っているわけではありません。前回紹介した症例1の男性Yさんのように、5年間も感染を隠し続けていた患者さんもいます。むしろ、初めから伝えてくれる患者さんは少数で、多くは何度か通院し、ある程度の医師・患者関係が確立して初めて話してくれます。

この記事は有料記事です。

残り2067文字(全文2620文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト