毎日ヘルシーサロン講演より【2】

 腸の仕組みを学び、腸から健康を考えることをテーマに開かれた「アタマとカラダで学べる毎日ヘルシーサロン~腸の仕組みや働きについて考えよう~」(9月4日開催)の講演詳報第2回。前回に続き、尾高内科・胃腸クリニックの尾高健夫院長の基調講演から、最近話題になることの多い「腸内フローラ」や、腸にまつわるさまざまな不調と、その予防法について解説する。

この記事は有料記事です。

残り3334文字(全文3521文字)

尾高健夫

尾高内科・胃腸クリニック院長

おだか・たけお 1989年島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業後、千葉大学医学部第1内科(現・消化器・腎臓内科学)入局。千葉県立東金病院内科医長、東邦大学医療センター佐倉病院内視鏡治療センター講師、おゆみのクリニック(千葉市)消化器科部長などを経て、2014年千葉市内に尾高内科・胃腸クリニックを開設。長く消化器疾患と内視鏡検査の専門医として診療にあたり、特に胃腸疾患では内視鏡による早期がんの診断と治療、ヘリコバクター・ピロリの除菌治療、胃食道逆流症、便秘・下痢症など幅広い疾患を対象に治療と研究を行ってきた。モットーは「人として優しく、医者として明るい医療」。科学的エビデンス(証拠)と自身の経験による知識をバランスよく、わかりやすい言葉で患者に伝えることに心を砕いている。

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。