医療プレミア特集

「お誕生日のうた」2回でインフル予防

瀬上順敬・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 11月に入り、東京でも最低気温が1桁の日が多くなってきました。寒さが続くと、風邪やインフルエンザの流行が気になります。インフルエンザに限らず、感染症や食中毒の予防には手洗いが有効といわれます。しかし、正しく手を洗わなければ効果がないどころか、有害なこともあります。米疾病対策センター(CDC)や東京都福祉保健局食品監視課などの情報を参考に、正しい手の洗い方をまとめました。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1336文字)

瀬上順敬

毎日新聞 医療プレミア編集部

せがみ・よりたか 1963年生まれ。1988年、毎日新聞社入社。静岡支局、西部本社報道部、サンデー毎日編集部編集次長、浜松支局長、科学環境部・医療情報室次長などを経て2015年7月から現職。現在の関心は先端医療、精神医療、脳科学など。