医療プレミア特集

映画「コンカッション」に見る、米国人気スポーツのリスクと対策

小座野容斉・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷
映画「コンカッション」でベネット・オマル医師を演じるウィル・スミス=(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
映画「コンカッション」でベネット・オマル医師を演じるウィル・スミス=(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.

プロスポーツの現場から知る脳しんとうのリスク【前編】

 英語で脳しんとうを意味する「コンカッション」と題した映画が日本で公開されている。米国で絶大な人気を誇るアメリカンフットボールのプロリーグ「NFL」を引退した選手が、肉体的、精神的に苦境に追い込まれた真相を1人の医師が探り当て、NFLに立ち向かうという実話に基づいた作品だ。

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2199文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小座野容斉

毎日新聞 デジタルメディア局

こざの・ようせい 1964年生まれ。89年に毎日新聞社入社、写真部、編集総センターなどを経て2006年にデジタルメディア局へ異動。ニュースサイトの編集や、毎日新聞の記事写真の二次利用許諾に携わる傍ら、プライベートでアメリカンフットボールなど各種スポーツを取材・撮影し、雑誌などに寄稿している。一般社団法人日本スポーツプレス協会(AJPS)会員。