医療プレミア特集

どのスポーツでも起こりうる脳しんとうは全て深刻

小座野容斉・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷
アメリカンフットボール世界選手権の日本対米国戦で、激しくぶつかり合う選手たち=2015年7月12日、米国オハイオ州カントンで小座野容斉撮影
アメリカンフットボール世界選手権の日本対米国戦で、激しくぶつかり合う選手たち=2015年7月12日、米国オハイオ州カントンで小座野容斉撮影

プロスポーツの現場から知る脳しんとうのリスク【後編】

 前編で紹介したように、脳しんとうは屈強なプロフットボール選手にとってさえ、選手生命を脅かす危険で深刻な症状だ。一部の専門家などは早くからその危険性に警鐘を鳴らしてきたが、最近はアメフット以外の競技でも問題意識が持たれるようになってきた。

スターQBの選手生命を奪ったプレー

 映画で取り上げられたマイク・ウェブスター選手以外にも、試合中の脳しんとうに悩まされ、競技生命を絶たれた選手も多い。その一人が、サンフランシスコ49ersのスターQBだったスティーブ・ヤング選手だ。

 ヤング選手は1999年シーズンの開幕から3試合目、アリゾナ・カージナルスとの対戦で、守備選手のタッ…

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2260文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小座野容斉

毎日新聞 デジタルメディア局

こざの・ようせい 1964年生まれ。89年に毎日新聞社入社、写真部、編集総センターなどを経て2006年にデジタルメディア局へ異動。ニュースサイトの編集や、毎日新聞の記事写真の二次利用許諾に携わる傍ら、プライベートでアメリカンフットボールなど各種スポーツを取材・撮影し、雑誌などに寄稿している。一般社団法人日本スポーツプレス協会(AJPS)会員。