点描 ロンドン健康生活

「ゆりかごに到達できない」英国の産科医療

末盛亮・フォトグラファー
  • 文字
  • 印刷
ジンターレ・デグティエンヌさんと夫のリナス・ラダヴィシウスさん
ジンターレ・デグティエンヌさんと夫のリナス・ラダヴィシウスさん

続発する産科でのトラブル

 イングランド中部に住むゾーイ・アンドリューズさんは2011年夏、パートナーのクレイグ・ハンズさんとともに、初めて親になるのを楽しみにしていた。

 ある朝、いつもは元気なおなかの赤ちゃんが動かないことに、彼女は気づいた。刺激を与えようと氷水を飲んだり、アイスキャンディーを食べたりしたが、胎児は動かない。その晩、病院に行くと胎児はすでに死んでおり、出産を誘導しなければならないと告げられた。

 実はアンドリューズさんは前日、病院にいた。妊娠32週目にコミュニティー助産師(診療所や家庭で診療す…

この記事は有料記事です。

残り1923文字(全文2179文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

末盛亮

フォトグラファー

すえもり・あきら 新聞記者を経て2002年渡英。大学院で現代戦争平和学、写真ジャーナリズムを修了後、ロンドンを拠点にフリーのフォトグラファーとして活動する。ビデオ作品も撮影。ウェブサイト www.akirasuemori.com