医療プレミアニュース

4割が偽物 ネット通販のあやしいED治療薬

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
処方箋なしで、ED治療薬を販売することを宣伝するメール
処方箋なしで、ED治療薬を販売することを宣伝するメール

 インターネットで入手したED(勃起不全)治療薬の約4割が偽造品--。こんな結果が、ED治療薬を製造・販売する製薬会社4社の調査で分かった。中には国内外問わず正規品では存在しない有効成分量をうたうものや、成分分析の結果、複数種類の不純物が含まれている偽造品も見つかったという。専門家は「ネットを通じて入手した偽造品で、健康被害起こすリスクは非常に高い」と警鐘を鳴らしている。

 調査は2016年3~8月、偽造医薬品の実態把握を目的に、商品名「バイアグラ」を販売するファイザー、「レビトラ」を販売するバイエル薬品、「シアリス」を販売する日本新薬と日本イーライリリーの4社が合同で実施した。同様の調査は09年に続き2回目という。日本とタイの調査会社に依頼し、バイアグラ、レビトラ、シアリスを扱っている日本人向け個人輸入代行業者の計30のインターネットサイトから、1サイトごとに各ブ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1454文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。