Dr.林のこころと脳と病と健康

「醜い自分」が許せない 醜形恐怖

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

あり得ないことを“確信”する「妄想性障害」という病【4】

 人は見た目より中身。当然ですよね。でも見た目もそれなりに大切であることは否定できません。では何割でしょうか。人は見た目が何割? 1割? 2割?……9割?ということはないですよね。けれども他人についても自分についても、見た目を重視しすぎては反省することを繰り返してしまうのは、ありがちなことです。そこまでなら健全な範囲内ですが、「見た目が10割か“それ以上”」であるかのように思い込む人々も存在します。それとセットで自分は美しいと思い込むのならまだ幸せかもしれませんが、逆に自分は最悪だと思い込む。そういう「醜形恐怖」という病があります。娘さんにそんな症状が表れて悩んでいるお母様の話をご紹介しましょう。

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2583文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。