ドクターランナーの初心者向けマラソン講座

「ハイケイ」パワーで疲れ知らず~国頭トレイルランニング大会

奥井識仁・よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

ドクターランナーの初心者向けマラソン講座【8】

 この「ドクターランナーの初心者向けマラソン講座」も8回目となりました。今回、舞台は沖縄に飛びます。12月10日(土)に行われる「第4回国頭トレイルランニング大会」です。会場となる国頭村(くにがみそん)、ご存じですか? 天然記念物で環境省の「レッドリスト」に絶滅危惧IA類として記載されている“飛べない鳥”ヤンバルクイナの生息地として知られる村です。トレイルランニングとは、舗装されていない山の中の道を走るスポーツで、今大会のコースは19kmと12kmのランニング、そして約8kmのウオーキングもあります。ヤンバルクイナがすむ山を走れるなんて、ワクワクしますね!

この記事は有料記事です。

残り2255文字(全文2559文字)

奥井識仁

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

おくい・ひさひと 1999年東京大学大学院修了(医学博士)後、渡米し、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院にて、女性泌尿器科の手術を習得する。女性泌尿器科とは、英語でUrogynecology。“Uro”は泌尿器科、“Gynecology”は婦人科を意味し、“Urogynecology”で、両科の中間にあたる部門という意味がある。都内の複数の大学病院から専門領域の診療に関する相談を受けながら、「よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック」を運営し、年間約800件の日帰り手術を行っている。水泳、マラソン、トライアスロンなどのスポーツ、音楽(サックス演奏)が趣味で、さまざまなスポーツ大会にドクターとして参加している。著書に「人生を変える15分早歩き」「ドクター奥井と走るランニングのススメ」(いずれもベースボールマガジン社)など。