医療プレミア特集

北大COIシンポで研究成果や今後の展望を発表

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
少子化や子育てしやすいまちの課題について発表した北海道岩見沢緑陵高校3年の生徒5人も参加して行われたパネルディスカッション=東京都中央区で2016年12月9日、鈴木敬子撮影
少子化や子育てしやすいまちの課題について発表した北海道岩見沢緑陵高校3年の生徒5人も参加して行われたパネルディスカッション=東京都中央区で2016年12月9日、鈴木敬子撮影

 北海道大学が他大学や企業などと連携しながら、食と健康に関するさまざまな研究開発を進める「北海道大学COI『食と健康の達人』拠点」(北大COI)の公開シンポジウムが9~10日、東京都内で開かれた。2013年度のスタートからこれまでに行われた研究の成果や、今後の展望などについて各研究者らから報告があり、活発な議論が交わされた。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1102文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。