医療プレミア特集

ノロウイルス 家庭での2次感染を防ぐ!

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
一般的な住宅を模した会場で、母親たちにキッチン周りでの感染症対策について説明する済生会横浜市東部病院の十河剛医師(左)=東京都千代田区で2016年11月28日、鈴木敬子撮影
一般的な住宅を模した会場で、母親たちにキッチン周りでの感染症対策について説明する済生会横浜市東部病院の十河剛医師(左)=東京都千代田区で2016年11月28日、鈴木敬子撮影

 インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行している。国立感染症研究所によると、全国約3000カ所の小児科から報告された感染性胃腸炎の患者数は11月28日から12月4日の1週間で5万4876人となり、昨年同期の約3倍になっている。このうち3~5割はノロウイルスが原因とみられるという。感染症は予防すると同時に、もしかかってしまった場合には家庭内での2次感染を防ぐことも重要だ。東京都内で11月下旬、小児科医が幼い子どもをもつ母親に対し、主にノロウイルスの感染対策について解説するセミナーが開かれた。そこで説明された、感染リスクの高いキッチン周りとトイレにおける予防法と、かかってしまったときの対処法を報告する。

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2436文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。