医療プレミア特集

乳がんと生きる~がんと向き合うために大切なこと~

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 がん患者が抱える課題や問題に焦点をあてた連載「がん社会はどこへ」(毎日新聞朝刊くらしナビ面で、2015年2月~16年3月に掲載)など、がんをテーマにした記事をまとめた単行本「乳がんと生きる ステージ4記者の『現場』」(毎日新聞生活報道部著、毎日新聞出版刊)が今年10月出版されました。後編では、取材班の記者として出会った患者、医療従事者の双方の声、思いを振り返りながら、がんの医療現場が抱える課題について考えたいと思います。【毎日新聞生活報道部・三輪晴美】

 「ステージ4乳がん」の診断から5年後、現在の生活報道部に異動し、多くのがん患者に取材する機会を得ました。

 治療の選択や心の問題、仕事や人間関係……がんを抱えて生きるうえで、悩みは人それぞれです。しかし、多くの患者にとって大きいのは、医療者、とりわけ主治医との関係でしょう。

この記事は有料記事です。

残り1987文字(全文2353文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。