医療プレミア特集

指導者は最新のスポーツ医学の知識を

  • 文字
  • 印刷
小座野容斉撮影
小座野容斉撮影

スポーツで起きる脳の外傷【3】

 前回、前々回に続き、聖マリアンナ医科大学スポーツ医学講座の藤谷博人准教授に、スポーツで起こる脳の外傷について聞く。今回は事故が起きた場合の現場での実践的な対処法について。藤谷准教授は、患者の搬送に専用担架を用意すべきだと強調する。

脳の外傷は子供や女性に起きやすい

 --前回までは、最も激しいぶつかり合いがあるスポーツの一つ、アメフットを念頭に、脳の外傷の発症原因、予防法などをお聞きしました。最も危険な急性硬膜下血腫は、他のスポーツでも要注意なのでしょうか。

 ラグビーやアイスホッケー、それにボクシング、柔道のような格闘技も含めて、頭に激しい当たりがあり、脳が頭蓋骨(ずがいこつ)内で揺さぶられることがある競技では、最も危険な事故として注意すべきだと思います。

この記事は有料記事です。

残り2351文字(全文2697文字)