医療・健康Tips

40歳以上は健康リスクを抱える人が8割!?

  • 文字
  • 印刷

健診を受けた40歳以上「基準値範囲内」は20%に届かず

 40歳代といえば、オフィスや家庭でもっとも活躍が期待される働きざかり世代。一方で、不調や疲労を感じることが増え、職場や自治体などで実施される健康診断の数値が気になってくる人も多いのではないでしょうか。40歳以上の健康の実態がわかる調査結果をご紹介します。

 40歳以上で、血圧、脂質、血糖、肝機能という健康診断の主要項目すべてが「基準値範囲内」の人は20%にもとどかない--。健康リスクを抱える働きざかり世代の衝撃的な実態が、健康保険組合連合会(健保連)の調査で明らかになりました。健保連は、一定規模以上の社員を有する企業の会社員(被保険者)や、その家族(被扶養者)約3000万人が加入している組織です。

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1368文字)