医療プレミア特集

「高齢だから運転させない」は妥当か

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

高齢者の“運転寿命”を考える【前編】

 横浜市で昨年(2016年)10月下旬、80代の男性が運転していた軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込み、小学1年の男児が死亡した事故などをきっかけに、高齢者の運転に関する議論が高まっている。17年3月には改正道交法が施行され、75歳以上のドライバーに対する認知機能検査が強化される。こうした中、高齢ドライバーに対し自主的な運転免許の返納を促す風潮が広がるが、返納後の移動手段の確保については、抜本的な対策が見えていないのが現状だ。

 高齢者が安全に運転を続けることは可能なのか。その条件や訓練法などについて研究している国立長寿医療研…

この記事は有料記事です。

残り2596文字(全文2881文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。