Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分が臭い」ので死にたくなる 自己臭症

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

あり得ないことを“確信”する「妄想性障害」という病【5】

 「自己臭症」と呼ばれている病気があります。17歳の男子高校生の告白です。

 僕は学校にも行かず家に引きこもっています。なぜかというと、体臭がひどいからです。それに気づいたのは、塾で後ろから、「臭い」という言葉が聞こえた時でした。最初は気のせいかなと思いました。でも同じようなことが何回もあり、それに、僕が塾の教室にいると、必ず誰かが何気ない様子でエアコンをつけるので、間違いないとわかりました。みんな僕の体臭で迷惑してるんです。

 学校でも同じです。僕の周りにいる友達は、せきをしたり、はなをすすったり、口を覆ったりするんです。そ…

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2562文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。