どう知る?どう使う?健康・医療情報

「名医リスト」では名医に出会えない

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

患者と医師の会話

医師「ずいぶん遠くから来られたのですね」

患者「先生は名医だそうなので、はるばる来ました」

医師「僕が名医だと、どうして分かるのですか?」

患者「先生の治療で病気が治った人に聞いたんです」

医師「残念ながら亡くなられた患者さんは、僕の評判を広めることはできませんからね」

患者「………」

病院の口コミは信用できるか

 いい治療を受けたい、いい医師に診てもらいたいと思うのは、誰しも同じです。だからこそ、書店に行けば「いい病院」「いい医師」のリスト本が何冊も並び、テレビでも繰り返し「名医」「神の手」を特集した番組が放送されます。日本の公的医療保険制度の下では、保険証1枚で基本的にはどの医療機関でも診療してもらえますので、マスコミで有名になった「いい病院」や「いい医師」をドクターショッピングすることも、可能といえば可能です。

 ですが、それで本当に「いい病院」「いい医師」に出会えるかは別問題です。というのも、「いい病院」「い…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2371文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)