髪の健康相談室

ストレスがなくても起きる 円形脱毛症

齊藤典充・横浜労災病院皮膚科部長
  • 文字
  • 印刷

意外に知られていない円形脱毛症の真実【1】

 毛髪が抜けていることの自覚がなく、家族や美容師さん、理容師さんに指摘されて初めて脱毛に気づく人は、少なくありません。そのようなケースでよく見られる脱毛症が「円形脱毛症」です。円形脱毛症は脱毛症の中で最も発症者が多く、ある日突然、前ぶれもなく起こります。原因ははっきりしていませんが、一般的に言われるストレスばかりではなく、インフルエンザなどのウイルス感染をきっかけに発症することもあります。円形脱毛症という疾患の実態と治療法について、今回から紹介していきます。

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1785文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

齊藤典充

横浜労災病院皮膚科部長

さいとう・のりみつ 1993年北里大学卒業、同大学皮膚科に入局。98~2000年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学。国立横浜病院(現:国立病院機構横浜医療センター)皮膚科、北里大学皮膚科助手、講師、国立病院機構横浜医療センター皮膚科部長などを経て14年4月から現職。専門は脱毛症、血管炎、血行障害。日本皮膚科学会の脱毛症に関する診療ガイドラインの作成に携わるなど、長年、診療の第一線で脱毛治療・研究の分野をリードしている。