病気が逃げ出すサプリ指南

頭寒足熱は誤り?冷え解消で万病予防

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 手足が冷たくて眠れない。頭痛、肩こり、脚のむくみ……。冬の不調は、「冷え」が根底にあることが少なくありません。冷えは女性に多い症状ですが、最近では、男性や子供、高齢者にも増えています。直接、命に関わることがないため、軽く考えていると隠れた病気が進行することがあります。冷えは万病のもとです。冷え対策は、早めに始めることが肝心です。

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2054文字)

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。