誰も言わない うつの本音

職場のうつ病 法律を味方に改善

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷

 長時間労働、パワハラといった職場の問題でうつ病になったうえ、上司や会社側との関係がこじれにこじれてしまった--そんな孤立無援のピンチにおいて助け舟となるのが「法律」だ。なかには、法律を味方につけたことがきっかけとなり、病気を克服した人もいるという。それはいったいなぜなのか? 働く人が知っておきたい法制度とは--。多くのうつ病患者たちを支援してきた東京法律事務所の笹山尚人弁護士に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2454文字(全文2651文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクションなどを経て、2001年から執筆活動。雑誌、ウエブ媒体などで、働き方や人事・組織の問題、経営学などをテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」「みんなでひとり暮らし 大人のためのシェアハウス案内」(ダイヤモンド社)など。