医療プレミアニュース

花粉症の子は果物アレルギーにも注意

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 0~16歳の子どものうち、花粉症だと親が実感している子どもは31.5%で、アレルギーの代表格であるアトピー性皮膚炎の3倍以上にのぼることが分かった。また、花粉症の人に起こりやすいとされる「口腔(こうくう)アレルギー症候群(oral allergy syndrome=OAS)」に関する調査も行ったところ、花粉症の子どもの20.6%にOASの症状である「果物を食べたときの口や喉のかゆみやピリピリ感」がみられた。小児アレルギーの専門家は「OASは花粉症の時期に悪化するため、花粉症の対策も忘れずに実行することが大切」と呼びかけている。

 調査は2016年11月15~20日、花粉症対策の啓発を目的に、ロート製薬がインターネットを通じて実施。0~16歳までの子どもをもつ親1872人が子どもの人数に応じてそれぞれ答え、計2935人分の回答を得た。

 「子どもは花粉症だと思うか」尋ねたところ、親が花粉症と実感している子どもは21.0%で、「花粉症も通年性アレルギー鼻炎も両方」(10.5%)と合わせると31.5%だった。同様の調査は12年から行われており、花粉症の子どもは14年以降3年連続で3割を超えた。また、子どもが該当すると思うアレルギー症状について聞いたところ(複数回答可)、花粉症(31.5%)以外では、「通年性アレルギー鼻炎」24.2%…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文2039文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。