人類史からひもとく糖質制限食

子供の糖質制限はあり?なし?

江部康二・高雄病院理事長
  • 文字
  • 印刷

 当連載でも何度か紹介してきましたが、高雄病院における糖質制限食は1999年、兄の江部洋一郎院長(当時)が導入しました。当初は半信半疑だった私も、2001年に糖尿病患者さんの治療に初めて導入し、劇的な改善を得ました。そこからは、病院をあげて研究を開始し、私も海外の論文を読み勉強しながら、糖尿病患者さんの治療にあたりました。ほとんどの患者さんにおいて、食事療法だけで、食後血糖値はリアルタイムに改善しました。

 研究開始から4年間の成果をまとめて、「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(東洋経済新報社)を、世に出したのが05年です。当初は、糖尿病患者さんからの関心の高まりに反して、ほとんどの糖尿病専門医は糖質制限食に対してネガティブな意見を抱いていました。その総本山たる日本糖尿病学会はメディアへのプレスリリースなどで、繰り返し糖質制限食を否定する見解を発表していたのも、これまで紹介した通りです。

この記事は有料記事です。

残り2904文字(全文3302文字)

江部康二

高雄病院理事長

えべ・こうじ 1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所(現京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学)などを経て、78年より医局長として一般財団法人高雄病院(京都市)に勤務。2000年理事長に就任。内科医、漢方医。糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立したパイオニア。自身も02年に糖尿病であることが発覚し、実践して糖尿病と肥満を克服する。これまで高雄病院などで3000人を超える症例を通じて、糖尿病や肥満、生活習慣病、アレルギーなどに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明し、数々のベストセラーを上梓している。