患者の気持ち

2度目の手術 川崎市多摩区・女性(パート勤務・72歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 手術に使う自己輸血のための採血を済ませた体は、貧血で足元がおぼつかない。ボーッとした頭で帰宅のために電車の優先席に腰をおろした。

 両膝が変形性関節症になってもうすぐ2年。昨年はより悪い右膝に人工関節置換手術をした。左膝もいずれは手術をするようになるでしょうと、医師に言われてはいたが、1年たたないうちにまた手術となった。この間、注射をしてきたが、左膝が確実に悪くなっていくことは自分が誰より感じてきた。

 手術前の検査を済ませ、面談のためリハビリ科へ出かけた。入院中は週5日、リハビリを受けていたので懐か…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文566文字)

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声