がんをあきらめない 難敵に挑む医師・患者・家族

脳のがん、グリオーマの最新治療事情

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 TBSで放送中の医療ドラマ「A LIFE~愛しき人~」では、女優の竹内結子さんが演じる医師が脳腫瘍に倒れます。脳腫瘍は、しばしばドラマのテーマにもなってきました。その脳腫瘍のなかで最も多いのがグリオーマ(神経膠腫=こうしゅ)で、子供から高齢者まで男女を問わず幅広い年代の人が発症します。グリオーマの治療と原因について、国立がん研究センター中央病院脳脊髄(せきずい)腫瘍科の大野誠さんにインタビューしました。

この記事は有料記事です。

残り3318文字(全文3522文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。