医療プレミア特集

医療ミステリー通じて、がんの知識を広めたい

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
瀬上順敬撮影
瀬上順敬撮影

『このミステリーがすごい!』大賞受賞 岩木一麻さんインタビュー

 数々のベストセラーを世に送り出している『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社主催)で、2016年の第15回大賞を受賞した岩木一麻さん(40)の「がん消滅の罠 完全寛解の謎」(「救済のネオプラズム」から改題)は、タイトル通りがんをテーマにした本格医療ミステリーだ。治療不可能なはずのがんが完全に消滅するというトリックはどのようにして生まれたのか、そして、この作品に込められた思いとは--。岩木さんに聞いた。【聞き手=医療プレミア編集長・奥野敦史】

この記事は有料記事です。

残り3424文字(全文3679文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。