誰も言わない うつの本音

“オジサンの不文律”解消で働き方改革

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷

 いわゆる「働き方改革」で、残業と心の病の関係があらためて注目されている。だが、問題になるのは本当に労働時間だけなのだろうか? 実は、若手のメンタルヘルスには、“オジサン”世代とのある食い違いが影響しているという。何が食い違っているのか。そして、若手を元気にする三つのポイントとは--。精神科産業医で、働く人のメンタルヘルスの相談に応じている吉野聡・新宿ゲートウェイクリニック院長に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3359文字(全文3556文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。