足のクリニック in 医療プレミア

続くかかとの痛み 足底筋膜炎の根治術

桑原靖・足のクリニック 表参道院長
  • 文字
  • 印刷

 歩き始めの一歩が痛い。すぐ治ると思ったのに、かかとの痛みが続いている--。慢性的な「かかとや足の裏の痛み」といえば、まっさきに疑われるのが、足底筋膜炎です。足の裏には、足を形作るアーチ構造を底辺部から支えるさまざまな支持組織が多く張りめぐらされており、そのうち、かかとと5本のゆびをつないでいるのが、足底筋膜。そこに炎症が起きると、「足底筋膜炎」になります。今回は、この足底筋膜炎の症状やその原因、さらに「足の診療所」で行っている治療について解説します。

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文2916文字)

桑原靖

足のクリニック 表参道院長

くわはら・やすし 2004年、埼玉医科大学医学部形成外科卒業。足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、足を専門的に診る医療機関はほとんどないという状況に疑問を持ち、2013年、東京・表参道に日本初の足の症状・疾病に特化した「足のクリニック 表参道」(2017年7月に名称変更)を開設。